あなたの野鳥撮影におけるレンズ選びをサポート致します

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR インプレッション

 

2018年9月に、野鳥撮影者にとって非常に魅力的なレンズが発売となりました
『 AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 』 です

 

 

購入直後のインプレッションとして、皆様に少しでもお役に立てる情報を提供できればと久しぶりに記事を書きました。実際の野鳥撮影におけるレビューも今後やっていきたいと思いますので、皆様の購入検討の一助となれば幸いです

 

 54FL ・ 556PF ・ 旧34 との大きさ比較
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 大きさ比較

 

 

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR は基本的に、旧300mmF4とサイズ感・重量共に非常に似通っています。旧300mmF4を使ったことがある方であれば、実際に手にしなくても左腕への負担をほぼ同じように体感することができると言って良いと思いました

 

画像内にある、黄色い『 I 』の文字の位置が”レンズ単体での重心位置”です。外側と内側の重量がほぼ同じと考えられる位置を調べたので掲載しました。AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR は思いのほか外側に重心があり、厳密に言うと重量の似通っている旧300mmF4よりも構えたときは少し重く感じます。ただ、もともと軽いレンズですから誤差の範囲と言ってよいレベルです。54FLは重量級レンズとしては重心が相当手前にあるので、ニコンの大砲レンズでは最も振り回しやすい機材ですね

 

54FLを手持ちで使っていましたが、556PFはもはや旧34と同等の扱いなのでこれは野鳥撮影のスタイルを変えるレンズになると思います。サイズ・フード共に54FLとは比較にならないくらい小さいので、扱いやすいのはもちろん、手持ちでの追従、足場の悪いところでの撮影、野鳥からも警戒されにくくなるなど、軽量化・小型化の恩恵は計り知れないものがあります。体が軽く機動性の高い野鳥が被写体ですから、その存在にもっとも近いレンズがついに発売になったとちょっと興奮気味です

 

 

 

外観・スイッチ類など
AF-S 500mm f/5.6E PF 外観

 

54FL・556PF・旧34を横に並べた際の比較とその重心位置は見てのとおりです

 

スイッチ類に関してはこの手のレンズを検討される方には多くの説明不要かと思いますが、まずフォーカスリミッターは FULL と ∞-8m の2段切替でこれは54FLと全く同じです。VRは最新のスポーツモード搭載で、D5 や D4s などのレリーズラグの極めて短い機種ではスポーツVRでなければレリーズラグの遅延が生じます。さらに秒間11-12コマ出すにはVRを切るか、スポーツモードにする必要がありますので、筆者にはかなり重要な機能です

 

もうひとつ言及したいのが、メモリーリコール機能です。記憶したフォーカス位置を瞬時に呼び出す機能ですが、2.0kgより軽いキヤノン・ニコンの超望遠レンズでは初の搭載と思います。説明書を見る限り556PFではこのフォーカス位置を呼び出すためのレンズ前部に4つ付いているフォーカス作動ボタンの位置変更ができないようです。54FLはサービスセンター預けでこのフォーカス作動ボタンの位置を自分の好みに調整できるので、これはちょっと残念でした

 

三脚座は70-200 f/2.8 FLと互換があり、ロック+ノブ締め構造になっているので不意に外れ落ちる危険は極めて少ないでしょう。三脚用のねじ穴は3/4タイプが2つです。三脚座は軽量化を優先しているのでにぎりやすいとは言えない形状です。人によっては社外品に交換される方もいらっしゃると思います。三脚座根元にある『 500mm 』の文字は何となく高額レンズの一員を感じさせてくれますね

 

レンズフードは34PFと同じ材質で、質感や耐久性は大砲レンズに及ばずここはコストダウンが見られます。大砲レンズのフードは5万円以上しますが、しっかり感も凄く内側の反射を抑える材質も相当良いものが使われています

 

 

 

 

 オートフォーカス速度
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR AF Speed
これは、多くの方が非常に関心を抱いている項目と思います。純正の単焦点レンズですのでこれも高速性能を期待していた部分です。曇天で少し暗めとAF速度が低下しやすい条件下で54FL・旧34との比較を行いました

 

 比較レンズ

  • AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
  • AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + TC-14EV
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR + TC-14EV
  • AF-S 300mm f/4D

 

 使用カメラ

  • Nikon D5

 

 比較条件
レンズのフォーカス位置を∞に合わせ、およそ4mの位置にある暗い茂みの葉にピントを合わせる速度を比較する。AFスタートとストップウオッチのボタンを同時押しして計測を開始。ピントが合ってピピッという電子音が鳴り終わるタイミングで計測をストップする。計測は各組み合わせで10回ずつ行い平均値を算出する。フォーカスリミッターは使用せず、どのレンズもFullフォーカスの状態で使用。カメラは『 D5 』を使用し、いずれも中央の測距点でモードはグループエリアAFを使用する

 

 

それでは計測結果です!(計測10回の平均値)

 

 D5

  • AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR  : 平均 1.08秒
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR : 平均 1.05秒
  • AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + TC-14EV : 平均 1.55秒
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR + TC-14EV  : 平均 1.53秒
  • AF-S 300mm f/4D    : 平均 0.82秒

 

54FL と 556PF のAF速度に違いは殆ど無いという結論になりました。あくまでひとつのテストですし条件次第で変わる可能性も高いので、この結果だけで判断なさらないようお願いします

 

ただ、追加で言及したいことが2点あって、1つ目は撮影最短距離が 54FL:3.6m  556PF:3.0m とかなり違いがあるので手前側で被写体をロスしたときの戻りは 54FL の方が速いです。もうひとつは 556PF はやはり1段F値暗い分、暗い場所や暗い被写体に対する合焦率が54FLより落ちました

 

特にテレコンを付けた状態ではかなり明確な差があって、AFスピードが同じでもピントがスッと合うかどうかは何倍もの差があることはお伝えしておきたいです。54FL単体& D5 であれば外側の測距点でもクロスセンサーが機能するので、速度は同じでも全体的な精度と合焦率は大きな違いがあると感じました

 

最後に旧34ですが、このレンズは最短が1.5mと短い割にはAF速度はかなり速いレンズです。さすがに 328・428・22には及びませんが、実は優れた性能を秘めてると思います

 

 

 

 ボケ味の比較
最後に、PFレンズのボケ味について述べておきます。以前使用していた『 EF400mm F4 DO IS USM 初期型』もフレネルレンズを使用していましたが、非常に軽量ではあるもののボケが非常に煩わしくこれは野鳥撮影ではとても使えないと手放した経緯がありました

 

556PFが解像力が高いのはMTFからもわかりますし、他の人がたくさんサンプルをあげてくれるでしょうから、54FLとの比較で556PFのボケについて実写してみました

 

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR boke

 

 

皆様はどのようにお感じになりましたか?
私は少し気になったのが、556PFと比べて54FLをF5.6で撮影したときの方が少しだけボケが大きいというかやわらかい印象を受けました。

 

 

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR boke

 

 

先のは距離が遠かったので近接でもう一枚撮りました
やはり、54FLのF5.6の方が少しボケが大きいというかよい感じがしますね。ただ、これがPFレンズだからボケが汚いとまでは言えないレベルとは思いますが、皆様はどうお感じなったでしょうか。逆光やキラキラした水場ではまた違う結果になる可能性が高いので、今後は実写サンプルで用意できればと思っています。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 >>>> トップページへ戻る


sponsored link